コメントなし

 「ファスティングのやり方大辞典」

「ファスティングで痩せたい」

「ファスティングでのデトックス効果で、体の内側からキレイになりたい」

「ファスティングで健康な体を維持したい」

ファスティングで得られる効果から、有名人もファスティングを行っている方も増え

世間ではファスティングブームとよんでもいいくらい

ファスティングが流行っていますよね。

 

でも、そんな流行のファスティングでも、

「ファスティングってどうやるんだろう??」

「ファスティングって初めてだけど、初心者でも出来るのかな……」

「ファスティングってどんなスケジュールで行ったらよいのかな……」

「ファスティングを成功させるコツって、あるのかな……」

と、ファスティングのイメージは分かっているけれど、

ファスティングのやり方がわからない方も少なくはないはず。

 

それに、「ファスティング=空腹との戦い」というイメージもあって、

初めてのファスティングに挑戦しようと思っていても、

なかなか踏み切れないファスティング初心者の方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回はファスティングの基本的なやり方から、

期間別のファスティングのやり方とそのファスティングにおススメな方、

さらにはファスティング初心者から上級者の方までの目的別の

おすすめなファスティングのやり方をご紹介します。

 

すぐ読める目次はこちら

1.まずはファズティングの正しいやり方を把握しよう

1.1. ファスティングとは

1.2. ファスティングを行うと得られる効果やメリット

1.3. ファスティングを行うデメリットや注意点

1.4. ファスティングは「準備期間」と「回復期」が大事

1.5. ファスティングの医学的な根拠

1.6. ファスティングを行う頻度は?

1.7. ファスティングを成功させるコツはある?

2.ファスティングの基本的なやり方

2.1. ファスティング中に襲ってくる空腹感の対処法

2.2. どうしても固形物を食べたくなったらどうしたらいいの?

3.ファスティングの基本的なやり方は5パターンある

3.1. 1日ファスティング

3.2. 3日間ファスティング

3.3. 5日間ファスティング

3.4. 7日間ファスティング

3.5. 16時間ファスティング

4. ファスティングの初者から上級者まで、目的別のファスティングのやり方

4.1. ファスティング初心者さんにおススメ、

4.2. 無理したくない人におすすめ

4.3. ダイエット効果を高めたい方におススメなファスティングのやりかた

4.4 デトックスやアンチエイジング効果を高めたい方に

5.自分にあったファスティングのやり方から始めてみよう

 

ファスティングのやり方を始める前に、ファスティングとはどんなものなのか。

ファスティングで得られる効果やメリット、デメリットや注意点を解説していきます。

 

ファスティングに向いている人や、逆にファスティングを行ってはダメな方も

いらっしゃいますので、ひとつづつ見ていきましょう。

 

ファスティングとは

ファスティングとは「fast・fasting」という英語が由来で、

日本語に訳すと「断食・絶食」ということです。

 

ですが、ファスティングと断食には違いがあります。

 

何も飲まない・食べないというのが断食ですが、

ファスティングは固形分の食事を食べない代わりに、

必要な栄養素を飲み物で補っていくというやり方が基本です。

ファスティングは固形物の食事を食べないことで、

疲れてしまっている胃腸休ませることを目的として行います。

後で詳しく説明しますが、ファスティングのやりかたは

「準備期」・「断食期」・「回復期」という3つの期間を設けて

スケジュールを立てて行います。

ファスティングの基本的なやり方や目的が分かったところで、

ファスティングを行うのにおすすめな人と、

ファスティングを行ってひゃダメな人について説明していきます。

 

ファスティングを行うのにおすすめな人

ファスティングは「無駄な贅肉を落として痩せたい」

「健康的な体をキープしたい」「体を若々しくキレイに保ちたい」

といった気持ちがあるかたにおすすめです。

逆にファスティングを行ってはダメな人もいるんです。

ファスティングを行ってはダメな方はどのようなかたなのでしょうか?

次でくわしく説明します。

 

ファスティングを行ってはダメな人

 

まずファスティングはいくら飲み物から栄養素を補うとはいえ、

せっしゅかロリーが大幅に少なくなります。

 

なので、「妊娠中や授乳中の方、18歳未満の人」

など、十分なカロリーや栄養素が必要な方はファスティングは

行わないでください。

次に、「持病や治療中などで、病院から処方されている薬や

市販薬を飲んでいる方、60歳以上の高齢の方」も、

ファスティングは控えた方が良いでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました