コメントなし

ビール好きは必見!太らないビールの飲み方とダイエット中の付き合い方伝授

Uncategorized

はい!みみです!





毎日、熱いですね。

こんな暑い日は、冷たい飲み物を

ゴクゴク飲むのが最高ですよね!!



外で飲んでいて

とりあえず生!」なんて

聞いたことはありませんか?

説明することもなく、

ビールのことだと

分かりますよね?







それくらいビールは

日本人にとって

ポピュラーなお酒







ビールの、のど越しが

たまらないという人は

多いですね。







しかし、ビールは

「ビール腹」という言葉が

あるくらい太りやすいお酒です。







普通に食べて、飲んでいたら

あっという間にビール腹が

出来上がります。

ビール腹は嫌だ…

でも、飲むのはやめられない…

酒飲みの性ですね。







1日の疲れを仕事終わりの

ビールで流すという方も

多くいます。







風呂上がりの一杯も

格別です!









それが無くなってしまうのは

嫌ですよね? 







なので今回はビール好きは

必見!太らないビールの飲み方と

ダイエット中の付き合い方を

解説していきます。









結論から言いますと

普通に飲んでいたら

残念ですがビールは太ります。





それは

・ビールが太りやすい要素を持ったお酒である。
・ビールと相性の良い食べ物が太りやすいものが多い


という理由があります。





ですが、ビールを飲むことを

あきらめる必要はありません。






太らないための

飲み方は存在します。






では、ビールが太りやすいと

言われる理由と、対策を

見ていきましょう。



問題① ビールを飲む量


ビールがほかのお酒と

比べてどれくらいカロリーが

あるかは知っていますか?







商品によって差はありますが、

目安は以下の通りになります。

・缶ビール1本(350ml)・・・・・約140kcal
・中ジョッキビール1杯(500ml)…約210kcal
・乙類焼酎1合(180ml)・・・・・約260kcal
・ウィスキーシングル(30ml)・・約85kcal
・ワイン1杯(120ml)・・・・・・約85kcal

  ※参照『八訂日本食品標準成分表2020


お酒のカロリーは、

含まれるアルコールの

割合に左右されます。







アルコールは1gあたり

7kcalなので、炭水化物や

タンパク質(共に1gあたり4kcal)

よりずっと高カロリーです。






基本アルコール度数の高いお酒は、

カロリーも高くなる計算になります。






また、飲む量がどれくらいに

なるかも大きなポイントになります。






2時間ほどの間にビールなら

ジョッキ5杯程度飲む方は

注意してください!





ビールだけで 1,000kcalを

超えてしまいます。






少しずつ飲めるワインや

焼酎の方が、トータルのカロリーが

低く抑えられる場合もあるでしょう。







飲み会1回あたりのカロリーは

ビールが他のお酒よりも

カロリー過多になりすぎる

言えます。 


問題② ビールと一緒に食べるもの

ビールは、炭酸を含む飲料の

特性として「食欲を増進させる」

効果があるといわれています。






勢いよくビールを飲みながら、

同じスピードでおつまみも

食べてしまう。






これでは、たくさんの

カロリーを摂ってしまいます。







そして、揚げ物をはじめとした

油を使った料理と相性が良いので

ビールのおつまみとして







揚げ物をオーダーしてしまうことが

多くなってしまうため、おつまみ自体が

高カロリーになることが多いです。







また、ビールは塩気とも

相性がよく、味の濃いおつまみと

一緒にビールを飲むと、







より美味しく飲めてしまい、

一気にカロリーオーバー

なっていたということもあります。



ビールを飲むときのおつまみ選び

おつまみ選びのコツ

ビールと一緒に食べても

太りにくいのものを選びましょう。


脂が少ない高たんぱくのおつまみ
豆腐類鶏のささみや胸肉内臓(ハツやセンマイ)
馬肉など

よく噛んで食べると、代謝を高めてくれる効果が
上がります。


食物繊維が多いおつまみ
きのこや海藻類、野菜の料理、納豆、枝豆
切り干し大根、カボチャ煮、ひじき煮など

ビールを飲む前に食べると、血糖値の上昇を緩やか
にしてくれるので、飲んだビールが体脂肪になり
にくいです。


よく噛む必要があるもの
野菜ステック、ごぼう、こんにゃく、あたりめなど

咀嚼により満腹中枢が刺激され、食べすぎを
防いでくれます。


太らないビールの飲み方

太らないためのビールの飲み方


やはり、ダイエット中は

全体量を抑える工夫が必要です。

・小さなジョッキで飲む
・とにかくゆっくり飲む
・間にお茶などのノンカロリーの飲み物を飲む
・飲みに行く頻度を下げる
・ノンアルコールの日を設ける

などの工夫をして

ビールの量を減らすことも

必要になります。





また、ビールを飲む前

食物繊維を多く含

おつまみを食べると、





ビールが体脂肪になりにくい

のでおすすめです。


カロリーを知って上手に活用


ビール・発泡酒・新ジャンルなどの

区別によるカロリー差は基本的にありません。




アルコールが低いものは

低カロリーで、アルコールが

高いものはカロリーが高めです。





また、飲んだときの

コクを重視して作られた





しっかりした味わいのビールは、

カロリーも高めになります。

ビールに含まれるアルコールはエンプティカロリー


ビールのカロリーの大部分は、
アルコールに由来します。
 
アルコールのカロリ―は血行の促進や
体熱の上昇などに多く消費されるため、
パンや米などの炭水化物のカロリーと比較して、
グリコーゲンや脂肪となって身体に蓄えられる
ことは、少ないといわれています。
 
ビールには胃液の分泌促進作用があり、このため
食欲が増進して、ついつい食べ過ぎになります。
その結果太ることはあります。

(アサヒビールホームページより引用)

「グリコーゲンや脂肪になって

蓄えられることが少ない」に

ついてですが、





アルコールは三大栄養素

(たんぱく質、炭水化物、脂質)と

異なり、体の栄養にならないとともに





カロリーも70%程度しか

代謝されないという

研究結果もあるようです。






一方で、アルコールの代謝は

個人差が大きいとされていて、

全ての人の条件に当てはまる

根拠はありません。






やはり、あてにしすぎて

飲みすぎないように

注意が必要です。







残念ながら、ビールの

飲みすぎは太るもと。






美味しく飲むときは

楽しみつつ、おつまみの

選び方、ビールの種類に

一工夫をしてみましょう。






工夫をせずに飲んでしまうと……

ただ太ってしまいます。






ダイエット中は飲んではいけない

わけではありませんが、







基礎代謝を低下させる、

食欲を増進させるなどの







カロリー、糖質以外でも

太ってしまう要素もあります。







それを理解して、ビールを

楽しんでいただけたらと

思います。







どうしても量が飲みたい…

揚げ物も一緒に食べたい…

そんな方は私に相談して下さい!








私自身が大のお酒好きで、

揚げ物も大好きなので

気持ちが分かります。






ダイエット中のお酒も、

唐揚げ、フライドポテトも

控えていません。







ご相談いただければ、

あなたの太らない飲み方を

一緒に考えます。






是非ご相談ください!

こちらから相談してください。

👇 👇 👇 👇 👇 👇











 

コメント

タイトルとURLをコピーしました