コメントなし

ファスティング最重要ポイント!最後に失敗しないための○○って?~『回復期編』

Uncategorized

はい!みみです!




今回はファスティングの

仕上げの期間にあたる

回復期についてお話します。




ファスティングの成功の秘訣はずばり!「回復期」

ファスティングというと何も食べない

断食期が大事だと思っていませんか?




もちろん断食期も大事ですが、

普通の食事にもどしていく

回復期がそれ以上に大切です。




しかも失敗に陥りやすい



ポイントでもあります。






そこで、この記事では回復期に注目して

回復期の過ごし方、食べ物の選び方、

普通の食事の戻し方などを紹介します。






今からファスティングを始めようと

思っている方、以前失敗した経験のある方

是非一度読んでいただきたいです。




ファスティングの回復期とは?

ファスティングは大きく3つの期間に

分けることができます。

その最後が回復期になります。






最初にお伝えした通り、

ファスティングの中でも断食期と同じくらい、

またはそれ以上に重要といっても

過言ではありません。




そこで回復期とは何か、どんな意味が

あるかについてご説明します。





回復期は普段の食事に戻す期間

断食期に食事を我慢していたからと、

一気に普通の食事に戻してしまうと



それまでの努力が水の泡に

なってしまうこともあります。






例えば次のように体に負担を与えてしまい、

ファスティングが失敗に終わって

しまうかもしれません。



急に食事を摂ることで胃腸に負担がかかる


ファスティング中は

水や酵素ドリンクなどの液体しか摂らないので、

基本的に胃はいつも空っぽのような状態です。





消化吸収などの胃腸の機能も

休んでいるので、急に重たい食事を

摂ってしまうと……


胃に大きな負担を与えてしまいます。




栄養に吸収が高まっているため、リバウンドの原因に…


食事からの栄養を抑えている分、

体は吸収しやすい状態になっています。





そのため普段の食事に戻した途端に

栄養吸収が高まってしまい

リバウンドの原因にもなります。






ダイエット目的でファスティングを

行う場合は、努力が無駄になってしまう

こともあるので注意しましょう。


老廃物をデトックスする妨げとなる

ファスティング中は消化吸収の

作用が抑えられている代わりに、排出の方向に

エネルギーが使われるようになります。





そのため、ファスティングを行うと

老廃物や余分に溜め込んだ物の

排出が促されます。






そしてデトックスが進み、

その効果はファスティング期以降

まで続きます。






しかし、すぐに普段の食事を摂ってしまうと

せっかくのデトックス効果が

妨げられてしまい、

ファスティングの効果が半減してしまいます。






ファスティングの効果を最大限に得る

ためにも、回復期を

いかに過ごすかが重要になります。



回復期はどれくらいの期間が必要??

回復期は断食期と同じくらいの

長さを設けるのが理想的です。






例えば、

断食期を3日間おこなうのならば

準備期も回復期も同じく3日ずつ、


合計で9日間かかけて行うことで

失敗しづらくなります。






ただ、スケジュール的に厳しい、

予定を立てられないなどの

理由で十分な時間を摂れない場合は

最低でも半分の期間は設けましょう

注意点!
・回復が短すぎると胃腸の回復が追いつかない
・食事により胃もたれや腹痛を起こしてしまう可能性が
 ある。
・ファスティング直後の会食やパーティなどは控える

ファスティングを成功に導く「回復食」の選び方


ファスティングの回復期に食べる

食事のことを「回復食」といいます。




ファスティングを成功させるには、

回復食に何を食べるかが、鍵になります。





回復期にどんな回復食を選べば

ファスティングを成功させることが

できるのか、選べ方を紹介します。





胃腸に負担の少ないものを選ぶ

第1のポイントは、

消化に負担がかからないこと、

胃腸にやさしいことです。



POINT
ファスティングには消化機能を休ませる
目的があります。


固形物を一切摂らず、からっぽになった
胃腸に対して
  ・脂っこいもの
  ・重たい肉類
  ・ピザなどの脂肪分と糖質

が、たっぷりと入ったものを食べてしまうと…
        
大きな負担を与えてしまうことになります。
! 注意点 !
サラダなら大丈夫?生の野菜は……
        ↓  
線維質が多い生野菜を大量に食べたりすることも
負担になります



ファスティングによって

胃腸は繊細な状態になっているので、





消化機能に負担のかかりにくい

流動食やスムージー、スープなどの

液体状のものを選ぶようにしましょう。



動物性タンパク質、動物性脂肪を避ける


肉類や魚類、卵などの

植物性タンパク質や動物性脂肪が

多い食べ物も、回復期には適しません。




これらの食品は消化に非常に時間がかかり、

余計にエネルギーを消費してしまいます。







ファスティング明けに食べてしまうと、

胃腸に負担ばかりか、

せっかくのファスティング効果にも

影響してしまうため注意が必要です。






また、ファスティングを行うと

味覚が研ぎ澄まされ、

普段の食事の風味や匂いも

強く感じやすくなります。






動物性原料を使った食品は、

味付けや香りが濃くなりがちであり、


刺激物に敏感に反応しやすい

ファスティング直後には

適さないことも理由です。




化学調味料・合成着色料・白砂糖などの添加物をさける

なるべく不自然な成分を

体に取り入れない事も

回復期のポイントになります。






例えば、次のような添加物や

生成された白砂糖など、体の負担に

なりやすい食品成分には注意が必要です。

 

・ 化学調味料
・ 合成着色料
・ 合成香料
・ 遺伝子組み換え食品
・ 白砂糖
・ 人工甘味料
・ トランス脂肪酸


これらの食品は体にとって、

本来は必要でないものであり、


それぞれに人体への害がある可能性も

指摘されています。




体で分解できない成分、

消化しずらい食品などは、


体内酵素の無駄遣いになるだけではなく、

体内に蓄積してしまう恐れもあります。





人工甘味料は、

消化に負担をかけ、代謝の低下にも

繋がるとも言われています。






また、精製された白砂糖の主成分である

「ショ糖」をぶどう糖と果糖に分解する際にも

多くのエネルギーを消費してしまいます。






これらの入っていない

天然成分が使われた食品、

加工度が低い食べ物を選ぶことを

心掛けましょう




回復食の食べ方とおススメの過ごし方

回復食といっても、回復食の1回目なのか、

2回目、3回目なのかによっても、

タイミングによって適した食べ方があります。





最後の最後で失敗しないよう、

前に失敗している私と一緒に、

回復食の食べ方と過ごし方のポイントを

確認しておきましょう。




回復期の開始当日

回復期1日目は、

ほとんど液体に近い流動食を

食べるようにします。





ファスティングを成功させるためには、

この日をいかに慎重に過ごすかが大切です。

回復食1回目

POINT
 一番最初の食事は「重湯」がおすすめで、  
 なるべく普段食べているようなお粥では、
 お米の粒が消化しずらく、よく噛まないと
 胃腸に負担を与えてしまいます。

※重湯とはお粥を炊いたときできる上澄みの
トロっとした液体のことです。






赤ちゃんの離乳食としても

食べられているほど、

非常に消化に優しいことが特徴です。





重湯の作り方ですが

生米:水=1:10程度の割合で

弱火にかけて、ゆっくりと

時間をかけて作ってみてください。




最後にザルで濾して、

重湯の部分だけを最初の食事で

いただくようにしましょう。




回復食2回目

重湯により休んでいた胃腸に

少しだけエンジンがかかったような

状態です。




オススメ
・2回目の食事もやはり、普段どうりにとは
 いかない。
・お粥や具なしの味噌汁がオススメです。
 お粥には具は入れずに。
・お米や雑穀類などの穀類だけで作ったもの
 が良いでしょう。



回復期2日目以降


2日目以降は、少しずつ

普段の状態に近い食事に戻していきます。




オススメ
・野菜や豆腐、きのこ類など植物性のおかずと
 お粥の組み合わせがおすすめ。

・手作りのスムージーやフレッシュジュースなど

・手作りスムージーやフレッシュジュースなどは、
 食事の代わり、または間食に取り入れてもOK

ファスティング中に飲む酵素ドリンクや

水を準備するのと同じように、

回復期に食べる回復食も前もって

準備しておくことが大切です。





何も食べられるものがないからと、

自宅にあった食べ物を適当に食べて

後悔することにもなりかねません。






ただ、全て自分で作るのが難しいと

感じる方も少なくないはずです。

仕事や家事の合間にゆっくり

お粥を作る……というのはなかなか大変です。




その場合は市販のレトルト食品などを

活用しても良いでしょう。




回復食を上手に取り入れてファスティングを成功させよう!

回復期の過ごし方はファスティングの

成果に大きく左右します




特にどのタイミングで、

どのような食事を摂るかが、

大事なポイントです。 




体に負担の少ない、胃腸にやさしい

食べ物を採り入れつつ、少しずつ

普段の食生活に戻していくようにしましょう。




いかがでしたか?

この記事で回復期の大切さを

理解していただけたら幸いです。




ファスティングのやり方や

回復期の不明点がありましたら

是非、相談してください。




「相談」は公式LINEで

無料で受付しています。

是非登録をお願いします。




みみのLINEはこちらです!

👇 👇 👇 👇 👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました