コメントなし

厳しいカロリー制限は必要ない!?好きなものを食べても大丈夫?『5:2ファスティング』

今回は最近人気が高まりつつある

5:2ファスティングについて

解説していきます。

 

 

なぜ人気が高まりつつ

あるかというと、食事の量や

食材に基本制限がないことです。

 

 

やり方も「いつ食べて、いつ食べないか」

だけを決めていれば良いという気軽なもの

なので始めやすいのも理由になります。

 

 

普通のダイエットだと毎日、

厳しいカロリー制限

行うものがほとんどです。

 

 

ところっが、5:2ファスティングは

週のわずか2日だけカロリー制限

行えば良いというものです。

 

簡単に説明すると月曜、火曜の

2日間だけは1日あたりの

摂取カロリーを抑えて、

 

 

あとの5日間は制限を設けずに、

いつも通りの食事をすれば良いだけです。

 

 

「週2日だけ」とはいえ、

カロリー制限を厳しいと感じる人は

難しいと思うでしょう。

 

私も実践してきましたが、

不思議と苦痛に感じることは

ありませんでした。

 

 

むしろ集中力が高まり、

生活習慣が健康的に

改善された感覚がありました。

 

 

「そんなダイエットは痩せない」

という方のために詳しく解説を

していきます。

 

 

目次【閉じる】

             1. 5:2ダイエットとは何か?

2. 食事はどうしたらいい?

3. 5:2ダイエットのメリット

4. リスクと注意点

 

5:2ダイエットとは何か?

 

週のうち連続した2日間を

通常必要なカロリーの25%で

乗り切れます。(男性の場合は約600kcal)

 

 

 

のこりの5日間は、普段どうりの

食事で過ごして良いというわけです。

 

 

食事はどうしたらいい?

 

 

食事の制限を課さない5日間を

fed(フェッド=摂取日)と呼びます。

 

 

「食事は制限なし」というのが

魅力です。一応、無制限らしいですが、

適度をおススメします。

 

 

なので「fed」の日には、

「カロリー計算などは必要ありません」

いいますが、だからといって

 

 

好きなものを何でも食べてしまうと

減量は出来ないでしょう。

 

カロリー摂取制限のない日で

あってもお、健康的な食事を

心がけるべきです。

 

「fed」の日だからといって

推奨カロリーの何倍も摂取

してしまえば、効果は望めない

ということになります。

 

 

5:2ダイエットのメリット

 

インスリンの働きを

良くすることで

減量に効果があります。

 

 

一次的な食事制限を行うことで、

体内が”ご馳走モード”から

“断食モード”に切り替わり、

 

 

 

インスリンとグルコースの

適切な働きが補助されるのです。

 

 

適性体重の維持と

インスリン感受性とが

断食によって整えられます。

 

 

リスクと注意点

他のあらゆるダイエット法と

同様に、「5:2ダイエット」にも

デメリットと呼ぶべきものがあります。

 

 

摂食障害を患っている、

もしくは過去に摂食障害を

患った経験があるなど、

 

 

 

食に関する何らかの問題を

抱えているという場合には、

危険な状況が引き起こされる

リスクを意識しておく必要があります。

 

特にアスリートや

日常的に激しい運動を行う

人々にとっては、

 

 

燃料となるカロリーに

制限を加えることで

好ましくない効果が出る場合があります。

 

 

断食と運動を同時に行えば、

パフォーマンスの低下や

疲労の蓄積などどいった

影響が表れる可能性が高まるのです。

 

どんなダイエットにも

メリットデメリット

あります。

 

 

きちんとそれを理解して、

適切に行うことが

ダイエット成功に繋がります。

 

 

挑戦している中で、

自信を無くしたり、

不明点が出ると思うので

 

 

是非、私に相談してください!

 

 

一緒に解決して

あなたを理想の体型

してみせます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました