コメントなし

意外と知らない?「腸の役割」ファスティングのすすめ

「シミ・しわ・たるみの無い肌を維持したい!」

「コロナ太りで、ダイエットをして夏を迎えたい!」

「感染症対策として、免疫力を高めたい!」

 

そんな皆様へ

 

「腸内環境を整えて、なりたい自分になろう♪」

という事で、知っているようで、まだまだ知らない

「腸」についてお伝えしていきます♪

 

♦腸の働き① 吸収

腸は、胃で消化された食物から、水分や栄養を吸収する器官で、

「吸収」の90%が腸で行われています♪

腸で吸収された栄養を元に血液が作られ、

その血液で細胞が作られます♪

 

ここで気を付けたいのが、

「健康を意識してサプリメントを摂られているかた」

栄養を学びサプリメントを摂られている!という方は、

素晴らしい健康意識です♪

 

ただし、もしサプリメントの効果を感じにくいという方がいたら、

腸内環境が乱れていたり、吸収する力が弱っているのかもしれませんので

要注意です!

 

また腸は、添加物などの悪いものや汚れも吸収し、

そこから肌や髪や骨や臓器などが作られます!

 

体に良いものと、悪いものや汚れ、

どちらからつくられた肌が美しそうに思いますか?

 

♦腸の働き② 免疫

また、栄養もウィルスも様々なものが

体内にが入ってくる腸には、体の免疫のなんと80%が存在します!

 

もしも、「毎年インフルエンザにかかってしまう」

という方は、腸内環境が乱れていて、

免疫機能が低下しているのかもしれません!

腸内環境を良くすることは、ウィルスや菌から身体を守る、

身体のセキュリティに繋がります!

 

♦腸の働き③

腸はホルモンの合成もしてくれる♪

 

腸では、呼吸や様々な生命活動に関与する酵素や

唇まわりを美しくするビタミンB2、などのビタミン♪

また、消化関連のホルモンなどが合成されます。

 

中でも、気持ちを前向きにしてくれる

別名「幸せホルモン」とも呼ばれる

「セロトニン」の合成の95%を、腸が行っています!

 

このセロトニンは夕方以降にメラトニンという、

眠りを誘導するホルモンになります。

 

もしも、睡眠に悩まされている方で、

そういえば、腸の調子が悪いな……という方は、

腸内環境を改善することで、睡眠の改善にも

繋がるかもしれません。

 

ここまでいかがでしたか?

 

見えない身体の内側にある腸をケアすることは、

睡眠や肌のコンディション、免疫力のアップなど

実生活に密接に関わっていて、

とても大切なことなんですよね★

 

では、もう少し、腸の働きについてみていきましょう♪

 

♦腸の役割④ 便の排出

当たり前と思われるかもしれませんが、

大便=(体からの)大切お便り♪

便の状態によって体の状態も

分かるとも言われる程大切な事★

 

体のデトックスも、

汗などが5%

尿からが20%

そして残りの75%のデトックスは

便から行われているんです!

 

「体内のデトックスをしたい!」という

健康志向の高い皆様には、この「便」にも意識を

向けていただきたいです♪

 

この排便の回数の理想は、食事の回数!

とも言われていて、1日に1回のお通じがないという方は便秘の状態が悪く、

腸の機能が低下している可能性もあります!

 

「そういえばここ最近、お通じが悪い」

という方は、食事の内容にも気を付けてくださいね!

(便秘には様々な種類がありますので…)

♦腸の役割⑤ 腸内フローラ

腸には、100兆個ともいわれる腸内細菌が棲み、

その重さはなんと1~1.5kgにもなります!

 

その腸内細菌の様子を顕微鏡で見ると、

まるで植物が群生して、お花畑のように見えることから、

腸内フローラと呼ばれています。

 

この腸内フローラの状態で腸内環境も変わります!

腸内フローラには、

大まかに3つの役割を果たす腸内細菌がいます。

1つ目が、善玉菌。

2つ目が、悪玉菌。

3つ目が、日和見菌。

で、腸内はこの3tのバランスで成り立っています★

 

悪玉菌は別名「腐敗菌」とも呼ばれ、増えてくると、

腸の中の食物などを腐らせたり、

有害物質に変えることもあります。

 

そんな悪玉菌が増えると、

普段ではおとなしく、腸内細菌の約70%の日和見菌も

腸内で悪い働きをする事があります!

 

そんな悪玉菌や日和見菌の悪い働きを抑制してくれるのが、善玉菌☆

 

善玉菌は、免疫力を高めたり、消化しにくい食べ物を栄養物質に作り替えたり、

消化のサポートをしてくれる菌です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました