コメントなし

飲み会解禁!ストレスなく食とお酒を楽しんで痩せられる!?「居酒屋ダイエット」ってご存じですか?

はい!みみです!





「居酒屋は好きです!」

という方は多いですよね。

私も好きです!

あの活気ある雰囲気や

メニューがたくさん並んでいて






どれを選ぼうか、目移りしながら

選ぶ楽しみがあります。





お酒の種類もたくさんあって

家で飲んでいる時よりも

多く食べたり、飲んでしまう……





次の日に体重計に乗って

公開するという体験はありませんか?

でも、安心してください!

居酒屋メニューでできる

ダイエットがあるんです。






あの雰囲気を楽しみながら

ダイエットができるなんて

これほど幸せなことって

ないですよね?






なので、今回は気の合う仲間との飲み会や

どうしても断れない

お付き合い飲み会でも、大丈夫!





いつもの居酒屋メニューでできる

お手軽なお付き合いダイエットを

解説していきますね。

きっと、参考になるはずです!


暴飲暴食を招くイメージがある

居酒屋でなぜダイエットが?

できるのか?






その理由は、居酒屋が

ダイエットに適している

理想的な食堂でもあるからです。






もちろん、居酒屋でなくても

コンビニなどで買える定番

メニューなので、






そのめにゅーの選び方や

食べ合わせ、夕食の食べ方・選び方

として取り入れていただければ、






自宅でも外食でも

取り入れることができます。





それではさっそく

居酒屋ダイエットの

ルールを紹介していきます。





居酒屋ダイエットのルール

夕食前のホットドリンクで食べすぎを予防


1日のストレスが溜まると、

食べてストレスを

解消しようとします。






夕食前に1杯でも良いので、

温かい飲みものを

飲みましょう。






温かい飲み物は、

内臓からリラックスさせ、

疲れた脳を覚醒させてくれます。






カフェインの入った緑茶。

紅茶、コーヒーなら何でもOKです。






カフェインの覚醒作用は2時間程度

なので夕食前がOKなんです。






緑茶はスッキリとした清涼を

得られます。ひどい疲れには、






疲労回復効果のクエン酸たっぷりの

レモンを加えたレモンティーや

ストレス鎮静ホルモンの






セロトニン生成を助ける

ミルクと蜂蜜入りの

コーヒーも効果的です。



お酒を飲む前に、枝豆を食べて

おつまみとして、まず

頼みたいのが、

オーダーしたら






すぐに出てくる

おつまみたちです。






お酒を飲む前に食べておくと

よいでしょう。





私が推奨したいのが、

枝豆、冷ややっこ、ぬか漬けです。





野菜に含まれる

食物繊維やぬか漬けは

発酵食品なので






善玉菌が含まれています。

それらが強力なバリアの

役割をしてくれるので、






アルコールの吸収から

内臓を守ってくれます。




1杯目は好きなお酒を、2杯目以降は蒸留酒がオススメ

アルコールは

エンプティカロリーといわれ、

単体では太る原因になりにくいと

いわれています。





問題は糖質になります。

お酒にはビールや日本酒などの

醸造酒と焼酎やウィスキーなどの





蒸留酒の2種類があり、

糖質の低い蒸留酒が太りにくい

といえます。





しかし、我慢は禁物!

1杯目は気持ちよく

大好きなお酒で乾杯を!





そして、2杯目からは

太りにくい飲み方を

しましょう。





とくに、女子会こそ

乾杯ビールがオススメ!





なぜなら、ビールの原料の

ホップには女性ホルモンと

同様の成分が含まれています。





女性ホルモンが減ると

太りやすくなるので、

女性にとってホルモンは





単にフェロモンアップだけではなく、

体全体の若々しさ、スリムボディの

ためにもなります。

カロリー計算は不要

人間はカロリーを抑えるだけでは

決して痩せません。





カロリー計算だけを信じていると

どんどん太りやすい、老けやすい

体を作ります。





太るメカニズムは

食べる量>消費する量だからです。





居酒屋ダイエットは、

消費する量を増やす

食べ方をすることで





痩せるのが目的です。

なので、しっかり食べるほど

痩せることができます。





そのためにも、まずは、

カロリー計算から解放

されましょう。


燃焼、抗酸化、整腸の食材メニューを選ぶ


居酒屋ダイエットで重要なことは、

燃焼、抗酸化、整腸の食材を

お酒と一緒に食べる事です。

・燃焼=魚、肉、卵、大豆などのたんぱく質
・抗酸化=ニンジンやカボチャ、ピーマンなどの緑黄色野菜
・成長=納豆、海藻、きのこ類に含まれる食物繊維

この3つの食材を意識して

食べることによって





それぞれの相乗効果によって

ダイエットを効率化させて

くれます。





お鍋で食べると3つの食材が

自然と食べる事が出来るので

おススメです。





もし、どれかを用意できない

場合でも、大豆を使っている

おつまみを用意しましょう。





大豆食品は3つを兼ね備えた

スーパー食材なので、

積極的に食べましょう。



お酒の合間に白湯をはさむ

お酒を飲んでいる最中に

実践してほしいのが、





お酒の合間に白湯を

飲んでほしいです。





血中のアルコール濃度を

薄めて肝臓ケアしましょう!

翌日の疲労が違いますよ。





もし、白湯がなければお冷でも

構いません。アルコールには

脱水症状がありますので、

意識して水分をとってください。



夕食時間は早い時間に食べ終わるようにする

夜23時を過ぎると

体脂肪の蓄積を促進してしまう

ホルモンの分泌が一気に増え、





代謝のカギを握る

肝臓の働きも衰えます。





食べたものは消化されるまで

2~3時間かかるので、

逆算すると夕食は





20時までに済ませるのが

あくまで、理想的になります。





食事を変えなくても、

少しでも早い時間に

食べるようにするだけで





立派なダイエットになります。

これだけでも毎日の積み重ねで

大きく違ってきます。


1回の食事は90分以内に収め、お酒は2~3杯まで

居酒屋でダイエットと聞くと、

好きなだけ飲んでも良いと思ってしまう

方もいるかもしれません。





でも、今回のルールは、あくまでも

ダイエットとしての健康的な

食事法の提案になります。

時間制限にも栄養学を応用します。





まず、脳と胃腸が正常に動くのは

90分が限界です。それを超えると

代謝が落ちやすくなるので、





その時間内に食事時間を

収めるようにしましょう。





また、居酒屋で食事を

始めたら30分頃、2杯目と

料理のオーダーを済ませましょう。





酔いが回って満腹中枢が

乱れてから注文すると

頼みすぎてしまいます。





残り60分は、2杯目のお酒と

オーダー済みのお料理を楽しんで

食事は終了





この、もうちょっと頼めば

よかったかな?くらいが

ちょうどよいのです。





自分の内臓にも

休む時間をあげましょう。



シメは「納豆巻」と「冷やし茶漬け」

白米の糖質は冷蔵庫の

温度と同じ4~5度で





レジスタントスターチに変化し、

血糖値が上がりにくくなります。





なので、冷蔵庫で冷やして

ダウエットに適した食べ物に

変身させましょう。





便秘にも効果的ですので、ダイエット中に重宝しますよ。





ただし、常温に戻すと

効果がなくなるので

注意が必要です。





中でも納豆巻が

良い理由は、善玉菌を増やす

「納豆菌」が夜にもっとも働くからです。





それだけではなく、

納豆の良質なたんぱく質と

食物繊維が、血糖値の上昇を

抑える効果もあります。



ストレスはダイエットの敵

私はここが一番だと

思っています。ダイエットの大敵は





肥満ホルモンを増加させ、

体の代謝を落とす

「ストレス」です。





食事は本来、楽しいものです。

お酒も上手に付き合えば、

心をほぐし肥満ホルモンを

抑えてくれる強い味方。





ダイエットのルールでよくあるのが

「1日3食、毎日同じ時間にきちんと食べる」

というルールですが、





分かっているけれど、

忙しい現代人には

厳しいルールではないでしょうか?





まずはこういったルールから

自分を解放してあげるのも

大切だと考えています。





マジメな人ほど、

1日中ダイエットのことで

頭がいっぱいになり、





目は虚ろで、食べるときも

太るのではないかという

恐怖心からどこか落ち着きが

ありません。





ストレスから不眠症になり。

代謝は落ちて市しまう…と

食のスパイラルに囚われてしまいます。





ダイエットは継続が全てです。

自分の生活習慣にすることが

ダイエットの成功なのです。





だからこそ、できるだけ

無理はしないこと、頑張りすぎない

こと、これに尽きます。





ダイエットに我慢しすぎや

ストレスは禁物、全ての方法を

実践する必要はありません。





「できそうだな」と思った方法、

1つでもいいので食とお酒を存分に

楽しみながら痩せる方法として

是非試してほしいです。





この先の数多く待っているであろう飲み会を

楽しく、リスク少なく乗り越えるための

ポイントです。数年後も元気で飲めるって

最高じゃないですか!





ちょっとした心がけ、大事





もし、思ったように

痩せなくて悩んだり、

進め方が分からなくなったら





私に相談して下さい。

私は食べて、飲んで痩せること

には自信があります。





だいえっとで感じる

ストレスを可能な限り

少なくして痩せてもらいたいです。





無料で相談に乗ります!

安心してご相談ください。


こちらから相談して下さい。

👇 👇 👇 👇 👇 👇







コメント

タイトルとURLをコピーしました